【新型コロナ】国民年金の各種手続き

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した方

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少して、国民年金保険料の納付が困難となった場合、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料免除申請が可能となりました。

制度の詳細及び様式のダウンロードは、以下の日本年金機構のホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、郵送での提出をご活用ください。

学生の方

学生納付特例の臨時特例申請が可能です!

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した学生の方で、国民年金保険料の納付が困難となった場合、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料学生納付特例申請が可能となりました。

制度の詳細及び様式のダウンロードは、以下の日本年金機構のホームページをご覧ください。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、郵送での提出をご活用ください。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、学生証等の発行が遅延している場合であっても、学生納付特例申請の受付は可能です。(学生証等がお手元に届きましたら、学生証のコピーをご提出いただきます。)

詳細は保険年金課年金係へご相談ください。

保険料の後払い(追納)をおすすめします!

免除等の承認を受けた期間がある場合は、保険料を全額納付したときに比べ、将来受け取る老齢基礎年金の年金額が少なくなります。

しかし、10年以内であれば後から納付(追納)することにより、老齢基礎年金の年金額を増やすことができます。

制度の詳細は、以下の日本年金機構のホームページをご覧ください。

障害年金等を受給している方

年金を受けている方で以下に掲載している届書の提出が必要な場合、誕生日の属する月の末日が提出期限となっていますが、提出が遅れたり、提出されていないときは、年金の支払いが一時止まることとなります。

しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、令和2年2月末日以降に提出期限がある各種届書の提出がなかった場合でも、当面の間、年金の支払いを止めない取扱いとなりました。

《対象となる届書》

  • 現況届
  • 生計維持確認届
  • 障害状態確認届

詳細は以下の日本年金機構のホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

すこやか市民部 保険年金課
電話:0747-22-4001
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2022年04月06日