五條の名所・見どころ

五條の名所・見どころをご紹介します

  • 五條地区
    • 新町通り
    • 上野公園
    • テクノパークなら
  • 西吉野地区
    • 賀名生梅林
    • 一の木ダム
    • 柿博物館
    • 湯川の柿狩り
  • 大塔地区
    • 猿谷ダム・猿谷あいあい公園
    • ふるさとの森公園

五條地区

新町通り

新町通りの写真

旧紀州街道である新町通りには今でも江戸時代の景観を残す街並みが残っており、宿場、商業のまちとして発展した往時の栄華をしのばせています。
平成22年12月、全国で88番目に「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。

上野公園(こうづけこうえん) 上野町

上野公園の写真

野球場、テニスコート、多目的グランド、総合体育館を備えたスポーツ公園。園内には大きな池があり、春にはグランドの周囲に咲き誇るたくさんの桜が見事でお花見にも最適です。池の周囲をはじめ各所で花が咲き、水面に映えるようすが楽しめます。芝生の広場もあり、親子で気軽に遊べる公園です。

テクノパーク・なら工業団地 住川町

テクノパーク・なら工業団地の写真

公害のない大規模工業団地「テクノパーク・なら」は、雇用の拡大による若年層の定着と技術の高度化・情報化に対応できる工業団地、また新たな産業拠点として地域内外から大きな期待を集めています。団地内には、テニスコート、体育館、グランドを備えた阿田峯公園があります。

西吉野地区

賀名生梅林(あのうばいりん) 西吉野町北曽木

賀名生梅林の写真

北曽木の丘陵を麓から中腹までおおいつくすように2万本の梅が続きます。2月下旬から3月下旬、さながら雲海のように梅花がほころび、ほのかな香りが、山々を伝うように漂ってきます。

一の木ダム 西吉野町

一の木ダムの写真

五條吉野国営農地開発事業の一環として建設されたもので、合計1674ヘクタールもの畑にかんがい用水や防除用水を供給しています。また、ダムの完成にあわせてダム周辺地域を憩いの場やふれあいの場にするための整備も行われ、地元住民の手によって桜の木も記念植樹されました。

柿博物館 西吉野町湯塩

柿博物館の写真

果物と地域特産物について研究している果樹振興センター内にある博物館です。館内では柿をテーマにしたクイズにチャレンジできるほか、レーザーディスクやコンピューターを駆使した映像を大型テレビ画面で鑑賞できます。そのほか、柿から生まれる加工品など、幅広い展示が目を引きます。

湯川の柿狩り 西吉野町湯川(ゆかわ)

湯川の柿狩りの写真

爽やかな晩秋を迎える頃に、辺り一面は見事に朱紅色の柿畑。自然景観を楽しみながら柿狩りを楽しむグループや家族連れで、柿園の中は賑わいます。

大塔地区

ふるさとの森公園 大塔町阪本

ふるさとの森公園の写真

緑豊かな大塔町阪本にある山の遊歩道。ここは多様な木々を楽しめるというだけでなく、植林によって衰えた保水力を取り戻し地滑りを防ぐ防災の公園でもあります。星形の東屋等があり、眼下に猿谷ダム湖、正面には天辻峠を望みます。

この記事に関するお問い合わせ先

産業環境部 企業観光戦略課
電話:0747-22-4001
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年01月07日