年金生活者支援給付金制度

年金生活者支援給付金は、消費税率引き上げ分を活用し、年金を含めても所得が低い方の生活を支援するために、年金に上乗せして支給するものです。受け取りには、請求書の提出が必要ですので、案内が届いた方は速やかに提出してください。

※すでに年金生活者支援給付金を受給している方は、案内は届きません。(手続不要)

制度の概要について

対象となる方

《老齢基礎年金を受給している方》

以下の要件をすべて満たしている必要があります。

  • 65歳以上である
  • 世帯員全員が市町村民税が非課税となっている
  • 年金収入額とその他所得額の合計が約88万円以下である

 

《障害基礎年金・遺族基礎年金を受給している方》

以下の要件を満たしている必要があります。

  • 前年の所得額が約462万円以下である

 

支給要件を満たしているか分からない場合は、年金係または年金事務所へお問合せください。

手続きの方法

給付金を受け取るには、「年金生活支援給付金請求書」の提出が必要です。

  1. 新規対象者には日本年金機構から請求書の送付があります。氏名など必要事項を記載し、日本年金機構へ返送してください。
  2. すでに対象となり受給している人で、支給要件を満たす場合は、2年目以降の請求手続きは原則不要です。
  3. これから基礎年金を受給し始める人は、年金の請求手続きと併せて、市役所で請求手続きをしてください。

給付金の支払について

年金と同様に偶数月に2ヶ月分が振り込まれます。

※初回の振り込みには、請求手続き後、数カ月程度かかります。

年金受取口座に、年金とは別途支給されます。

詐欺にご注意を!

日本年金機構や厚生労働省から、電話でお客様の家族構成や金融機関の口座番号・暗証番号をお聞きしたり、手数料などの金銭を求めることはありません。

不審な電話などがあった場合は、ご遠慮なく年金係または年金事務所にご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先

すこやか市民部 保険年金課
電話:0747-22-4001
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年04月27日