アピアランスケア支援事業

アピアランスケアとは

アピアランスケアは、アピアランス(appearance:外見・人の容貌)・ケア(care:気にかける・手入れをする)という英語で、直訳すると「外見を気に掛けて手入れをする」いう意味になりますはな

抗がん剤などをはじめとした薬物療法や放射線療法の副作用、外科療法により外見が以前より変化したことによる苦痛を軽減するために行われるケアです。

自分らしく元気に治療していくために

がんを治療された方の中には、一生懸命につらい治療を頑張ったが、外見が大きく変化したため「周りの人からどう思われるか気になる」「自分ではないような気がしてつらい」など、自分らしさが失われてしまったと感じ、社会参加をためらったりする人も少なくありません。

自分らしく人生を謳歌するため、その苦痛を少しでも軽減できるよう、五條市ではそのような苦痛や悩みを抱えている方に対して、医療用ウイッグ・乳房補正具の購入について助成金で支援を行います。

チラシ(PDFファイル:227.2KB)

 

 

がん患者アピアランスケア支援事業について

対象者

次のすべての条件に当てはまる方となります。

・申請をする日までに、引き続き1年以上五條市民であること

・がんと診断され、その治療を行った、又は行っていること

・抗がん剤の治療に伴い脱毛、又は手術により乳房を切除していること

・助成を受ける補正具等は年度内に購入したものであること

・該当補正具などの購入に関し、他の法令等に基づく助成等を受けていないこと

助成内容
補正具の種類と助成対象経費
補正具の種類 助成対象経費
医療用ウイッグ 医療用ウイッグ本体(装着時に皮膚を保護するためのネットを含む)の購入経費。ただし、本体価格に含まれない附属品やケア用品は対象としない。
乳房補正具 補正パット又は人工乳房(これらを固定する下着を含む)の購入経費。ただし本体には含まれない附属品やケア用品は対象としない。
助成金額

・補正具等1種類につき1回とし、対象経費の2分の1の額、上限2万円を助成いたします。

(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)

 

申請期限

購入した日の年度内(4月1日~翌年3月31日まで)に申請書を提出してください。

 

手続き方法

以下の書類を必要事項を記入のうえ、カルム五條へ提出してください。

    ・アピアランスケア支援事業助成金交付申請書 ( (様式1)申請書(PDFファイル:359.1KB))

    ・抗がん剤治療等又は手術に関する説明書や診断書、治療方針計画書等の受診を証明する書類のコピー

    ・補正具等を購入したことを証明する領収書又は明細書

    ・振込先の通帳又はカードのコピー

    ・助成金交付請求書 ((様式4)請求書(PDFファイル:250KB)

 

ご本人が申請に来られない場合は、代理人でも申請が出来ます。その場合は、委任状が必要となりますので、委任状をダウンロードしてください。

委任状 (委任状(PDFファイル:104.9KB)

アピアランスケア支援事業助成金交付申請書・助成金交付請求書・委任状の用紙はダウンロード可能ですが、カルム五條でもご用意しております。

 

手続き・制度に関する問い合わせ先:

カルム五條(五條市保健福祉センター) 成人保健係

電話:0747-22-4001(内線290)

 

アピアランスケアに関する相談が出来る医療機関

まずは、通院中の医療機関でご相談下さい。また、以下の医療機関窓口でも相談できます。

・奈良県立医科大学付属病院 がん相談支援センター (奈良県橿原市)

電話:0744-22-3051(内線1173)

時間:月曜日~金曜日(祝日除く) 9時~17時まで

 

・紀和クリニック(和歌山県橋本市)

・紀和ブレスト(乳腺)センター (和歌山県橋本市)

電話:0736-34-1255

時間:月曜日~金曜日(祝日除く) 13時~17時まで

・紀和病院 (和歌山県橋本市)

電話:0736‐33‐5000

時間:月曜日~金曜日(祝日除く) 13時~17時まで

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

すこやか市民部 保健福祉センター 成人保健係
電話:0747-22-4001
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2022年06月02日