明治維新発祥の地

てんちゅうぐみの絵画の写真

明治維新の魁

天誅組

近代国家を夢見た男たちの見果てぬ夢の跡

 幕末の風雲急を告げ、攘夷倒幕の嵐がふきすさぶ中、文久3年(1863)8月13日、尊王攘夷の断行を神武山陵に祈願するための大和行幸が朝議で決まりました。

 当時、京都の政局は尊王攘夷派が握っていて、彼らの一部には、これを機に一挙に倒幕をはかろうとする動きがありました。この機をうかがっていた倒幕急進派の中山忠光、吉村寅太郎、藤本鉄石、松本奎堂らが皇軍の先鋒となるため、翌14日京都を発ち、千早峠を越えて当時幕府の直轄地であった五條に入りました。

 8月17日、天誅組志士30人は一斉に挙兵し、五條代官所を襲い代官鈴木源内を殺害、櫻井寺を本陣として、五條新政府を号し、倒幕の旗を揚げました。ところが翌18日、朝議は一変して攘夷派が敗れ、大和行幸は中止。ここで天誅組の義挙はその大義名分を失ってしまいました。

 その後、天誅組は十津川郷士960人の来援を得て、高取城に侵攻しましたが撃退され、大日川、広橋、栃原、下市口と吉野各地で転戦するも追討軍は1万人を超え、内部の対立、十津川郷士の離反もあり、翌9月24日、東吉野村鷲家口に於いて決死的斬り込みを敢行して終わりを遂げました。

 天誅組の義挙は幕末における下級武士と豪農豪商とが一体となった最初の武装反乱で、倒幕及び明治維新の魁としてたたえられる歴史的なものであります。明治維新が実現するのは、このわずか5年後のことでした。

さくらいじの写真

桜井寺/天暦年間(947~957)

桜井康成の創建と伝える古刹。天誅組はここを本陣として五條仮政府と号しました。

この記事に関するお問い合わせ先

産業環境部 企業観光戦略課
電話:0747-22-4001
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年01月07日