児童虐待の防止

もしかして児童虐待かなと思ったら・・・

・泣き声が絶えない 大人の怒鳴り声が聞こえる

・不自然なあざややけどがある

・表情が乏しく元気がない

・落ち着きがなく乱暴

・服や髪の毛がいつも汚れている

・夜中や真冬、夜遅い時間にひとりで外にいる

 

「虐待かどうか分からない」というケースも少なくありません。

しかし、迷うということは、何かしらその親子に対して心配であり、子育てにとても苦労している状態であるということです。

虐待でなければそれでいいのです。通告により、親子の状況を確認し、虐待かどうかの判断は厳重な調査をします。証拠などは必要ありません。

通告しなかったことによって、虐待が発見できず、子どもが命を落としてしまうことになっても遅いのです。

通告は匿名でも可能です。だれが通告したかの秘密は守られます。

(認定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネットワークより一部抜粋)

相談・通告先

<五條市要保護児童対策協議会 事務局>

0747-22-4001(内線289)

受付時間:平日 午前8時30分~午後5時15分(年末年始を除く)

 

児童相談所全国共通ダイヤル

189番にかけると最寄りの児童相談所につながります

(電話 0570-064-000でも可)

受付時間:24時間 365日

 

<奈良県高田こども家庭相談センター(児童相談所)>

電話 0745-22-6079

受付時間:平日9時~午後5時 年末年始を除く

(上記以外の時間帯は、自動的に中央こども家庭相談センターへ転送されます)

 

<奈良県中央こども家庭相談センター>

電話 0742-26-3788

受付時間:24時間

 

<警察署>

警察相談専用電話 #9110

緊急時は110番

五條警察署 0747-23-0110

児童虐待とは

児童虐待は以下のように4種類に分類されます。

虐待の分類
虐待の種類 内容

身体的虐待

殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、家の外にしめだす など

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする

ネグレクト

乳幼児を家に残して外出する、食事を与えない、ひどく不潔なままにする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない、他の人が子どもに暴力を振るうことなどを放置する など

心理的虐待

言葉により脅かす、無視する、きょうだい間で差別的な扱いをする、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV) など

厚生労働省 ホームページより

通告によって、親自身を守ることにもつながります。

社会から孤立していて、周囲に支援してくれる人がおらず、相談できずに悩んでいる方もおられるかもしれません。

地域の方におねがい

子育て中の親子を見かけたら、ぜひやさしいまなざしをお願いいたします。

赤ちゃんに微笑みかけたり、ちょっとした声かけやお手伝いのような些細な行動が、親子の心の支えになることがあります。

もし、何か気になる親子の様子があればご連絡ください。

ひとりで悩まず相談してください

子育てしながら、家事や育児を両立させるのはとても大変なことだと思います。手伝ってくれる人や話を聞いてくれる人が身近にいないと、さらに大変なことです。

子どもの成長にともなって、成長過程でのやりにくさがでてくるので、イライラしてしまうのも当然です。

子育て中のちょっとした疑問や「これでいいのかな」と思うこと、相談してください。

この記事に関するお問い合わせ先

すこやか市民部 保健福祉センター 母子保健係
電話:0747-22-4001
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年04月01日