高野辻ビューポイント

林道殿野篠原線(五條市大塔町殿野)

 林道「殿野・篠原線」の休憩所、「緑と歴史のビューポイント」では、息を飲むほどの壮大な景観が心を打ちます。

ヴューポイントから山々を望む写真

ビューポイントから山々を望む

 国道168号を大塔支所前から東に離れ、林道殿野篠原線を進むこと約15分で、林道は見晴らしの良い高野辻ビューポイントに至ります。
 東西の展望に開けたここからは、平成16年に世界遺産リストに登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」の「大峯奥駈道」が通る大峯連山を東方に、弘法大師空海が開いた真言密教の聖地高野山の山並みを西方に眺めることができます。
 東の大峯方向では、新生五條市の最高峰となる標高1894メートルの明星ガ岳を山稜の中央にながめ、南北に走る大峯の険しい山々が大パノラマとなって広がり、西の高野山方向には条条たる山々と深い谷が織り成す紀伊山地の山々が見られ、早朝には谷を埋めるような雲海を眺めることもできます。

谷を埋め横たわる雲海の写真

谷を埋める夜明けの雲海

この記事に関するお問い合わせ先

産業環境部 企業観光戦略課
電話:0747-22-4001
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年01月07日