• 日本一の柿のまち、五條市

    五條市は西吉野地域を中心に、広大なカキの果樹園が広がり、全国有数の産地です。

  • 大和五條の新町通り。江戸時代の景観を残す粋なまちなみ

    新町通り界隈には、江戸時代の景観を残す街なみが残っています。

  • 奈良時代を代表する国宝「八角堂」

    音無川(吉野川)を眼下に望む榮山寺。かつて藤原南家の菩提寺として栄えました。日本三名鐘の梵鐘(国宝)もあります。

  • 世界遺産 大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)

    ユネスコの世界遺産として「紀伊山地の霊場と参詣道」が登録されました。

  • 南朝の悲しい史話を帯びて、雅やかな梅の花が咲く山の里

    西吉野町の賀名生梅林(あのうばいりん)。2月下旬から3月中旬、白や紅の梅花が咲く壮観な風景が見られます。

  • 国重要無形民俗文化財、火の祭典「鬼走り」

    陀々堂の鬼はしり。毎年1月14日、大津の念仏寺陀々堂では500年の伝統を誇る火の祭典「鬼走り」が行われます。

  • 標高700mにある天象儀(てんしょうぎ)。「星のくに」プラネタリム館で宇宙のロマンに思いを馳せる

    大塔町阪本のコスミックパーク「星のくに」には、レトロな二球式投影機を設置「プラネタリウム館」があります。