平成30年12月 市政の報告

 

 議会写真1 議会写真2
市政の報告と議案説明

 (市政の報告)

本年9月から今日までの市政の概要について御報告申し上げ、議会をはじめ市民の皆様の御理解と御協力を賜りたいと存じます。

 

はじめに、去る9月1日、平成30年度奈良県大芸術祭・障害者大芸術祭オープニングフェスティバルがシダーアリーナで開催されたところであります。

御案内のとおり、当該イベントは、奈良県の主催により、地域の伝統文化を掘り起こし、将来世代へ伝えることを目的として開催されたものでありますが、

当日は、市の内外から約3,200名の方々に御参加をいただき、市内小学校の児童による金管演奏や仁優園の皆さんによる太鼓演奏、さらに、阪本踊りや大和総踊りなどが披露されるなど、大盛況のうちに開幕を飾ることができたところであります。

県主催によるこうした大型イベントは、県の北・中部を中心に開催されることが主流となっておりましたが、南部の本市で開催されたことは、シダーアリーナの完成や京奈和自動車道開通による利便性の向上はもとより、まちづくり協定や人事交流など、これまで取り組んできた県・市間の連携強化が着実に実を結びつつあるものと判断いたしております。

 今後も、こうした事業の誘致活動を積極的に推進するなど、県と連携した地域振興に努めてまいります。

 

それでは、各部の所管事業を御報告申し上げます。

はじめに、市長公室について申し上げます。

まず、顕彰事業についてであります。

去る11月6日、平成30年度五條市選奨式を挙行し、本市の発展に貢献され、その功績が顕著な14名の方々に市選奨条例に基づき表彰を行いました。

皆様の長年の活動に対し敬意と感謝を申し上げますとともに、今後とも本市の指導者として御活躍いただくようお願いするものであります。

次に、連携都市交流事業についてであります。

御案内のとおり、本市は平成27年度に北海道余市町と、また、昨年度は、市制施行60周年記念式典において、大阪府八尾市と交流都市提携を締結し、交流事業を展開いたしております。

本年度は、9月30日に余市町で開催された「余市町味覚の祭典」において、本市が柿の試食販売を行い、11月10日には、本市農林産物品評会において余市町がリンゴやワインを、また、八尾市が観光PRグッズの販売を行い、相互の交流を深めたところであります。

次に、地域公共交通についてであります。

コミュニティバスやデマンド型乗合タクシーなど、地域公共交通の利用者の利便性向上に配慮し、10月1日から運行内容の一部について、改正を実施いたしました。

主な改正内容として、コミュニティバスにおいては、南奈良総合医療センター通院ラインで午後4時台に往復1便を増便いたしました。

また、デマンド型乗合タクシーにおいては、城戸・谷の宮経由五條線の一部区間で試験的に停留所間の自由乗降を導入いたしております。

今後も、改正後の利用実態の把握・検証を行うなど、地域公共交通の充実に取り組んでまいります。

 

続きまして、危機統括室について申し上げます。

はじめに、生活安全対策についてであります。

去る9月21日から30日まで秋の全国交通安全運動が、また、10月11日から20日まで全国地域安全運動がそれぞれ実施されたところであります。

秋の全国交通安全運動の期間中においては、交通事故死ゼロを目指し、市自治連合会など関係団体の御協力のもと、五條警察署と連携し啓発活動をはじめとした各種取組を推進いたしました。

また、全国地域安全運動の初日には、カルム五條において五條地方地域安全運動住民大会を開催し、地域の防犯リーダーとして、55名の地域安全推進委員を委嘱するとともに、県警職員による防犯講演を行ったところであります。

今後も、関係団体との連携を一層密にし、安心・安全のまちづくりに努めてまいります。

次に、陸上自衛隊駐屯地誘致事業についてであります。

去る11月7日、防衛省において、奈良県知事とともに防衛事務次官並びに陸上幕僚長と面談し、引き続き、駐屯地配置に繋がる来年度予算が計上されるよう要望活動を行い、さらに、同月16日には、奈良県南部陸上自衛隊駐屯地誘致推進協議会として、副会長の杦本下市町長はじめ平岡市議会議長及び吉田自衛隊駐屯地誘致特別委員会委員長とともに要望活動を行ったところであります。

 

   (以降省略。続きは、以下のPDFファイルをご覧ください)

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。必要に応じてダウンロードしてください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問合せ

秘書課 秘書係

電話:0747-22-4001 内線202