感染性胃腸炎(ノロウイルス、ロタウイルス等)が流行しています

感染性胃腸炎(ノロウイルス、ロタウイルス等)が流行しています。

どんな病気?

 感染性胃腸炎は、細菌、ウイルス、寄生虫などによって引き起こされる胃腸炎のことです。一年を通じてみられます。これらのウイルスは感染力が強く、少量のウイルスで感染が成立するため、集団発生や家庭・施設で感染者がいる場合は二次感染を起こすことがありますので、感染防止に心がけましょう。

ノロウイルス、ロタウイルスとは?

主な症状

ノロウイルス
主な症状 嘔気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱
潜伏期間 1~2日間
経過 通常、3日以内で回復
流行

・主に秋から冬(11~3月)に多発する。

・乳幼児、学童、成人のいずれにおいても発生する。

治療

・ウイルスに効果のある薬はないため、症状を緩和させるための薬での治療となる。

激しい嘔吐や下痢で急激に水分を失うため、脱水症状に気をつける必要がある。

・脱水などにより重症化することもあるため、早めに医療機関を受診する。

その他 症状がなくなっても、約2週間から1ヶ月程度、便からウイルスが排出されるため、症状改善後も注意が必要です
 ロタウイルス
主な症状 嘔吐、下痢(米のとぎ汁様)白色便)、発熱
潜伏期間 約2日(1~3日)
経過 通常、嘔吐は1~2日、下痢は1週間程で回復
流行

主に冬から春(3~5月)に多発する。

・乳幼児を中心に流行する。成人は感染しても症状が出ないことが多いが、まれに成人でも集団発生が見られることがある。

治療

・ウイルスに効果のある薬はないため、症状を緩和させるための薬での治療となる。

・激しい嘔吐や下痢で急激に水分を失うため、脱水症状に気をつける必要がある。

脱水などにより重症化することもあるため、早めに医療機関を受診する。

その他 症状がなくなっても、約2週間から1ヶ月程度、便からウイルスが排出されるため、症状改善後も注意が必要です。

 感染経路は?

経口感染

・ウイルスに汚染された食品(二枚貝に含まれていることがあります。)を十分に加熱しないで食べた場合。

・感染した人が調理して食品や水が汚染され、それを食べたり飲んだりした場合。 

 接触感染

・感染した人の便や吐物に触れ、手指を通して口から入った場合。

・感染した人の手指や感染した人が触れた衣服、器具等に接触し、手指を通して口から入った場合。 

 飛沫感染

・感染した人の便や吐物が飛び散り、その飛沫(ノロウイルスを含んだ小さな水滴。1~2m飛沫します)を吸い込んだ場合。

・便や吐物を不用意に始末した時に発生した飛沫を吸い込んだ場合。 

 空気感染

・感染した人の便や吐物の処理が不十分なため、それらが乾燥して飛沫よりもさらに細かい粒子となって空気中を漂い、それを吸い込んだ場合。

この場合、感染源からかなりはなれた場所でも、感染する可能性があります。

 予防・消毒方法は?

手洗いの施行

感染予防の基本は手洗いです。特に、調理前、食前、排便後には石けんと流水で手をよく洗いましょう。(石けん自体にはウイルスを殺す効果はありませんが、手の皮脂等がとれることでウイルスをはがれやすくします)

タオルの共用は避けましょう。

台所や調理器具を清潔にしましょう。

便、吐物などの汚物処理の衛生管理を徹底しましょう。

 汚物からウイルスは1~2m飛びます。(飛沫)

 そのため、換気し、汚染された場所を中心に直径4~5m以内を消毒しましょう。

 

 問合せ先 五條市保健福祉センター 母子保健係

電話 22-4001(内線289)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問合せ

すこやか市民部 保健福祉センター

電話:0747-22-4001