No.163 産地情報(ハウス柿の芽生え)

五條の柿だより イラスト

 ~春の訪れ~

 今年の冬は全国的に積雪が多く、日本一の柿のまち奈良県五條市でも例年より厳しい冷え込みが続いています。

そんな中、7月から出荷するためにビニールハウス内で栽培されているハウス柿の樹に、春をいち早く感じられる風景が見られるようになりました。

ハウス柿は成長を早めるため、昨年12月末からビニールハウス内の最低気温をボイラーで管理しており、1月末には芽生えが確認できるようになりました。

しばらくすると、柿を大きく成長させるため、枝に付いた多くの蕾を1個~2個残し、摘み取る作業(摘蕾作業)が始まります。

柿の芽生え

柿の花のつぼみ

新緑のハウス内
 


 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問合せ

農林政策課 柿振興室

電話:0747-22-4001  FAX:0747-22-8210