弾道ミサイル落下時の行動について

内閣官房から弾道ミサイル落下時の行動について情報提供が

ありましたのでお知らせします。

 

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

○弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

○ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

 

メッセージが流れた直後に取るべき行動

 【屋外にいる場合】

○できる限り頑丈な建物や地下街などに避難してください。

 【建物がない場合】

○物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

 【屋内にいる場合】

○窓から離れるか、窓のない部屋へ移動してください。

 

近くにミサイルが落下したときの行動

 【屋外にいる場合】

○口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難してください。

 【屋内にいる場合】

○換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。

 

国民保護ポータルサイト www.kokuminhogo.go.jp/ (外部リンク)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。必要に応じてダウンロードしてください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問合せ

危機統括室 危機管理課

電話:0747-22-4001