熱中症にご注意ください!!!

             熱中症

近年、猛暑による熱中症の発生が全国的に多数報告されています。

体が気温や湿度の変化に慣れていない5月頃から、真夏程の暑さでなくても、熱中症をおこしやすくなります。

熱中症は予防できる病気です。

一人ひとりが熱中症予防の正しい知識をもち、地域ぐるみで声を掛け合い、熱中症を防ぎましょう。 

 

 

熱中症とは 

 

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗や吐き気、倦怠感が現れ、重症になると意識障害が起こります。

気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調が良くない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響が重なると、熱中症の発生が高まります。

野外で活動している時だけでなく、室内で特に何もしていなくても熱中症を発症し、救急搬送されたり、死亡したりする事例が報告されています。

 

熱中症の症状 

< 軽度>

 めまい・立ちくらみ・筋肉痛・こむらがえり・大量の汗が止まらない など

 

 

<中度>

  頭痛・吐き気・嘔吐・体がだるい・ぼんやりして力が入らない など

 

 

<重度>

  意識がない・けいれんが起きる・体に触ると熱い・呼びかけに対して返事がおかしい

  まっすぐ歩けない など

 

 

熱中症の予防法 

 

1.暑さを避けましょう扇風機のイラスト

  外出時は日傘や、帽子を利用しましょう。     

  こまめに日陰で休憩しましょう。

  すだれや遮光カーテンで直射日光を防ぎましょう。

  暑い炎天下や高温多湿の場での運動や作業は、避けるようにしましょう。

  室温28℃以下、湿度70%以下になるように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう。

      

 

2.服装に注意しましょう 帽子をかぶった女性のイラスト

  通気性の良い、吸湿・速乾の衣服を着用しましょう。

  太陽光の下では、輻射熱を吸収して、熱くなる黒色系の素材は避けましょう。

 

 

3.こまめに水分補給をしましょう 水分補給する男性のイラスト

 いつでも、どこでも水分補給ができるように、飲み物を持ち歩きましょう。  

 普段の生活では、のどが渇いたという感覚がなくても、こまめに水やお茶などで水分を補給しましょう。

  発汗が激しいときは、水分と塩分を補給するようにしましょう。

  (イオン飲料やスポーツドリンクで代用できます。)                                 

                                                                                            

4.休息と栄養をとろう

 充分な休息をとり、しっかり食べて体調を整えましょう。

 寝苦しい夜は、空気の通りをよくするなど眠れる工夫をしましょう。

 バランスよく、特に朝ごはんをしっかり食べましょう。

 

 

高齢者と乳幼児は特に注意 

 

※高齢者の場合は・・・汗をかいた高齢者のイラスト

暑さやのどの渇きに対する感覚機能が低下しています。

若年者よりも体内の水分量が少ないうえ、体の老廃物を排出する際にたくさんの尿を必要とするため、体内の水分が不足しがちです。

寝る前だからと水分を我慢せず、こまめな水分補給を心がけましょう。

 

乳幼児の場合は・・・汗をかいた子どものイラスト

 乳幼児は体温調節機能が十分に発達していないため、特に注意しましょう。

 晴れた日は、地面に近いほど気温が高くなるため、背の低い乳幼児は大人以上に

 暑い環境にいます。

 

 

熱中症を疑った時の対応

*風通しの良い、涼しいところへ移動しましょう。

*衣服をゆるめましょう。

*首のまわり、脇の下、太ももの付け根などを保冷剤や氷の入った枕などで冷やしましょう。

乳幼児や高齢者の場合は、肌に直接氷があたると凍傷になりやすいため、注意しましょう。)

*水分と塩分を補給しましょう。

*具合が悪くなったら、早めに受診しましょう!!

*自力で水が飲めない、意識がない、けいれんなどが起きるようであれば、すぐに救急車を呼びましょう!!                          

                                 救急車のイラスト

 

問い合わせ先

保健福祉センター  母子保健係   電話 0747-22-4001 内線289 

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問合せ

すこやか市民部 保健福祉センター

電話:0747-22-4001