65歳以上の人(第1号被保険者)の介護保険料が改正されました

 保険料の決まり方

  介護保険の事業計画は3年ごとに見直しを行うこととなっており、昨年度に平成30年度から平成32年度までの3年間を計画期間
とする「第7期五條市介護保険事業計画」が策定されました。 
 これに伴い、平成30年度からの65歳以上の方の介護保険料が以下のとおり改正されました。
 みなさまの介護保険料は、介護サービスにかかる費用などから算出された「基準額」をもとに、所得に応じて決められています。

平成30年度の五條市における「基準額」は、年額 77,400、月額 6,450です。
 
 
所得段階
対象者
保険料(年額)
第1段階
生活保護を受給している方
老齢福祉年金を受給している方(※1)で、世帯全員が住民税
非課税の方
世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額(※2)と
課税年金収入額(※3)の合計が80万円以下の方

  
 
基準額×0.45=  34,830

(月額 2,903円)

第2段階
世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金
収入額の合計が80万円超120万円以下の方
基準額×0.70= 54,180

(月額 4,515円)

第3段階
世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金
収入額の合計が120万円を超える方
基準額×0.75= 58,050

(月額 4,838円)

第4段階
世帯の誰かに住民税が課税されているが、本人は住民税非課税で
前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方
基準額×0.90= 69,660

(月額 5,805円)

第5段階
世帯の誰かに住民税が課税されているが、本人は住民税非課税で
第4段階に該当しない方
基準額×1.00= 77,400

(月額 6,450円)

第6段階
本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満
の方
基準額×1.20= 92,880

(月額 7,740円)

第7段階
本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上
200万円未満の方
基準額×1.30=100,620

(月額 8,385円)

第8段階
本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が200万円以上
300万円未満の方
基準額×1.50=116,100

(月額 9,675円)

第9段階
本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が300万円以上
400万円未満の方
基準額×1.60=123,840

(月額 10,320円)

第10段階
本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が400万円以上
600万円未満の方
基準額×1.75=135,450

(月額 11,288円)

第11段階
本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が600万円以上
800万円未満の方
基準額×1.80=139,320

(月額 11,610円)

第12段階
本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が800万円以上
1,000万円未満の方
基準額×2.00=154,800

(月額 12,900円)

第13段階
本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が1,000万円以上
の方
基準額×2.10=162,540

(月額 13,545円)


 
 
(※1)老齢福祉年金   明治44年(1911年)4月1日以前に生まれた方、または、大正5年(1916年)4月1日以前に生まれた方で
                一定の要件を満たしている方が受けている年金です。

(※2)合計所得金額   収入金額から必要経費に相当する金額を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除な
                 どる前の金額です。
                平成30年4月からは、合計所得金額から「長期譲渡所得及び短期譲渡所得に係る特別控除額を控除」及び
                「公的年金等に係る雑所得を控除(所得段階が第1~5段階のみ)」した金額を用います。

(※3)課税年金収入額   国民年金・厚生年金・共済年金等課税対象となる種類の年金収入の額のことです。なお、障害年金・遺族
                 年金・老齢福祉年金等は含まれません。
 

 保険料の納め方

原則として年金から納めることになっています。受給している年金額等によって納め方は2種類に分かれます。
第1号被保険者として納める保険料は、65歳になった月(65歳の誕生日の前日が属する月)の分からです。

年金が年額18万円以上の方→年金からの天引き(特別徴収)   
 
 年金の支払月(4月・6月・8月・10月・12月・2月)
の定期払い(年6回)の際に、介護保険料があらかじめ
  差し引かれて年金が支給されます。
 
 65歳以上の方の介護保険料は毎年7月に確定します。
 そのため、4月・6月・8月は暫定的な額の徴収となります。(これを「仮徴収」といいます)通常は前年度の
  2月期と同額となります。
  (例)本年度の所得段階が第5段階(77,400円)の場合
前年度 本年度
  仮徴収    本徴収
2月 4月 6月 8月 10月 12月 2月
11,900  11,900 11,900 11,900  13,900  13,900  13,900
  仮徴収額は前年度2月期と同額になります    本徴収額はそれぞれ77,400-(11,900×3)×1/3で算出
  特別徴収の対象として把握されますと、翌年度から介護保険料は年金からの天引きになります。

次の場合、年金が年額18万円以上でも介護保険料は一時的に納付書(普通徴収)での納付になります。

 1.年度途中で65歳になったとき              2.他市町村から転入したとき
 3.年度途中で保険料の所得段階が変更になったとき 4.年金の支給が差し止めになったとき

年金が年額18万円未満の方など→納付書等で納める(普通徴収)    
 
  介護福祉課から送付する納付書で、個別に保険料を納めていただきます(年8回)。              
 五條市指定の金融機関または市役所介護福祉課、各支所窓口で納付してください。
 (例)本年度の所得段階が第5段階(77,400円)の場合
本年度
 7月  8月  9月  10月  11月  12月  1月  2月
 1期  2期  3期  4期  5期  6期  7期  8期
 10,200  9,600  9,600  9,600 9,600 9,600 9,600 9,600
     お忙しい方やなかなか外出できない方は、介護保険料口座振替便利です!
       【手続き方法】
      1.介護保険料の納付書、通帳、印かん(通帳届出印)をご用意ください。
      2.五條市指定の金融機関または市役所介護福祉課、各支所の窓口にて「口座振替依頼書」に必要
   事項
を記入し、申し込んでください。
      ※口座振替開始は、通常、申込日の翌月からになります。
      ※口座の残高をご確認ください。残高不足で介護保険料を引き落としできないケースがあります。

年度の途中で65歳になられた方へ
  65歳になった年度は医療保険の介護分の保険料と介護保険の保険料をそれぞれ納めていただきますが
 二重払いにならないよう調整されています
 国民健康保険の介護分の保険料の場合は、誕生日の前月までの保険料を計算し、1年間を通じて、納期
   ごとに振り分けます。
 介護保険の保険料は、誕生月からの保険料を計算し、誕生月の翌月から年度末までの納期ごとに振り分け
  ます。
 納期の重複はありますが、保険料の二重払いはありません
 なお、他の医療保険に加入している場合は、加入している医療保険者にお問い合わせください。

 介護保険料の年額や納め方は、被保険者や世帯員の前年の所得金額などにより異なります。
 詳細につきましては「介護保険料納入通知書」を7月初旬に郵送にてご案内しますのでご確認ください。

 

関連サイト

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問合せ

あんしん福祉部 介護福祉課

電話:0747-22-4001