市立五條文化博物館

市立五條文化博物館

市立五條文化博物館は、平成23年4月1日から指定管理者制度で運営しています。
(指定管理者:特定非営利活動法人 うちのの館)
 指定管理者の市立五條文化博物館ホームページ
(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)

 文化財課トップページへ


市立五條文化博物館について利用案内展示案内交通案内

博物館の写真

市立五條文化博物館について

沿革

市の内外に伝わる文化遺産を収蔵・公開するとともに、新たな「五條文化」の発信基地をつくる目的で、平成3年度(1991)から平成6年度(1994)に博物館の建設事業が実施されました。事業当初は歴史資料館建設としての位置づけでしたが、やがて登録博物館を目指し、文化庁の指導を仰ぎつつ軌道修正を行いました。建築の設計・監理は、建築家の安藤忠雄氏に委託しました。そして、平成7年4月29日、県内初の地域の歴史を総合的に展示・研究する市立の単独施設として開館しました。また、平成9年(1997)11月には、本館の西隣に安藤氏が設計した別館が竣工しました。 

開館までのあゆみ

平成3年(1991) 1月 資料館建設基本計画書の策定
6月 資料館建設委員会の設置
平成4年(1992) 1月 資料館展示等企画委員会の設置
平成5年(1993) 2月 本館の建築工事に着手
4月 資料館展示等実行委員会の設置
5月 起工式
平成6年(1994) 6月 建築工事完了
6月 展示工事着手
12月 市立五條文化博物館条例施行
平成7年(1995) 3月 展示工事完了
4月 博物館登録原簿への登録
4月 本館竣工式

施設概要

博物館は、五條市の北部に連なる金剛山地の南麓、標高約300メートルにあります。森に囲まれた館からは、東に三重県境の高見山、南に市街地と紀伊山地の山並みを一望することができます。

敷地面積 14,576.39平方メートル

本館(建築面積715.11平方メートル 延床面積2,021.4平方メートル)

本館の外観写真
本館の外観
円形広場の写真
円形広場

円筒形の本館は、鉄筋コンクリート造で周囲の景観と調和するように半地下式に建てられています(地上1階地下2階)。外壁は亜鉛引き鉄板で覆われ、内壁は安藤氏独特のコンクリート打放しで仕上げられています。建物の中心に円形広場を配置し、内部には大きな吹き抜けが設けられています。
円筒形の形から、公募によって「ごじょうばうむ」の愛称がつけられています。

別館(建築面積253.16平方メートル 延床面積225.62平方メートル) 

別館の外観写真
別館の外観
別館和室の写真
別館和室

別館は、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造り(地上1階地下1階)で、14畳(8畳・6畳の2間)の和室と休憩・多目的室が設けられています。
この別館は、市民の方の文化活動や研修活動の場としてご利用いただけます。
別館の利用には、事前の申請と利用料金が必要です。詳しくは、指定管理者の博物館ホームページ(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。

 このページの先頭に戻る

利用案内

   所在地 〒637-0091 奈良県五條市北山町930番地の2
   電話番号 0747-24-2011
   ファクシミリ番号 0747-24-2010

開館時間

   午前9時から午後5時まで(入館受付は、午後4時30分まで)

休館日

   月曜日、祝日の翌日と年末年始

入館料

   一般 300円(団体 240円) 高校生・大学生 200円(団体 160円)
   ※団体は20人以上です
   ※中学生以下は無料です

 このページの先頭に戻る

展示案内

常設展示

常設展示は、「五條の歴史と文化」のテーマで構成されています。3階のエントランスから2階、1階へと大きな吹き抜けを下りながら、先史時代以来の五條の移り変わりを、考古資料、古文書、民俗資料、写真などによってたどります。

常設展示室の吹き抜けの写真
常設展示室の吹き抜け

3階エントランス

3階エントランスでは、奈良時代に創建された榮山寺八角堂(国宝)の内陣(ないじん)を再現し、天平期の装飾画(重要文化財)を写真と五面マルチ映像で紹介しています。

2階展示室

2階展示室の写真 「五條文化の始まり」、「古墳時代の五條」、「都と五條」、「五條地域の荘園と武士」という通史に沿ったテーマで、旧石器時代から中世にかけての五條を紹介しています。また、「金石文」、「仏教美術」、「五條の万葉」というテーマに焦点をあてた展示もあります。
内壁に設置してある「五條歴史年表」は、先史時代から現代までの五條の歴史の流れをつかむのに便利です。

1階展示室

1階展示室の写真 「近世の五條」、「近代への胎動」というテーマで、地域で守り伝えられてきた古文書や絵図などの資料や映像を使って、この時代の五條を紹介しています。また「祭りと行事」では、現在に伝わる「陀々堂の鬼はしり」や「御仮屋」など五條の人々の信仰を紹介しています。

 このページの先頭に戻る

交通案内

アクセスマップ

アクセスマップ

googleマップはこちらから

電車・バスをご利用の場合

JR和歌山線五条駅下車、駅北口から奈良交通バスの五條バスセンター行きに乗車し「田園1丁目」下車、北へ約1.5キロメートル
(※JR五条駅北口から博物館まで3.7キロメートル、改札口から博物館まで4.1キロメートル)

自動車をご利用の場合

大阪方面から

南阪奈道路葛城インターチェンジを降り太田南交差点を右折、県道30号御所香芝線・県道261号西佐味中之線(通称山麓線)を直進
(※葛城インターチェンジから博物館まで約15キロメートル)

和歌山方面から

京奈和自動車道五條インターチェンジを降り五條インターチェンジ前交差点を左折、国道310号中之町北交差点を右折、県道30号西佐味中之線を直進
(※五條インターチェンジから博物館まで 3.2キロメートル)

奈良方面から

国道24号、京奈和自動車道、県道30号御所香芝線・県道261号西佐味中之線などを利用

 このページの先頭に戻る


文化財課トップページへ

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問合せ

教育委員会事務局 文化財課 文化財保存係(五條文化博物館内)

電話:0747-24-2011  FAX:0747-24-2010