平成31年度春季企画展「天誅組兵糧方・郡方向 林豹吉郎の姿」を開催します。

開催趣旨

林豹吉郎(はやし・ひょうきちろう)は、文化14年(1817)に大和国宇陀郡拾生(ひろお)村(現在の宇陀市大宇陀拾生)の鋳物師(いもじ)兵蔵の子として生まれました。長崎の画家である中島青淵(せいえん)のもとで書画の技法と漢文を学び、伊豆国韮山(にらやま)代官江川太郎左衛門のところで製砲の方法を学び、諸国を遊説しました。その後、天誅組で兵糧方(ひょうろうがた)と郡方向役を務め、文久3年(1863)9月24日鷲家口(わしかぐち)でその生涯を終えました。
彼の事績については明治42年に刊行された『大和人物志』の記述が唯一でしたが、2015年から2018年にかけて、彼の弟定八の子孫の方々から資史料を寄贈していただきました。今回は、それらの資史料の調査成果を公開するとともに、『大和人物志』で語られなかった「林豹吉郎」という鋳物師の生涯に迫っていきます。

会期

2019年4月20日(土曜日)から6月9日(日曜日)
休館日 月曜日(4月29日、5月6日は除く)、5月7日(火曜日)

開館時間

9時から17時まで(入館は16時30分まで)

会場

市立五條文化博物館3階特別展示室

観覧料金

一般300円(240円) 高校・大学生200円(160円)
・中学生以下は無料、( )内は20名以上の団体料金
・障がい者手帳などをお持ちの方とその介添者1名は無料

・6月4日(火曜日)から6月9日(日曜日)は特別無料期間のため、無料。

主な展示資料

林豹吉郎肖像画

林豹吉郎肖像画

林豹吉郎大砲設計図

林豹吉郎大砲設計図

林豹吉郎宛乾十郎書簡

林豹吉郎宛乾十郎書簡

関連行事

・講演会「林豹吉郎って誰」
担当:当館学芸員
日時:令和元年(2019)5月25日(土曜日) 14時から15時まで
会場:市立五條文化博物館1階研修室
参加費:入館料で受講できます。
※事前に博物館までお申し込みください

・歴史バスツアーin宇陀 (定員に達しました)
企画展展示解説の後、現地にバスで向かい、林豹吉郎ゆかりの史跡がある宇陀の街並みを現地担当者の方にご案内していただきます。
日時:令和元年(2019)5月11日(土曜日)9時から14時まで 9時に博物館受付にお越しください。
場所:宇陀市重要伝統的建造物群保存地区(松山地区)
定員:20名(要事前申し込み)

・学芸員による展示解説
日時:4月20日(土曜日)、4月27日(土曜日)、4月28日(日曜日)、6月8日(土曜日) 13時から30分程度
開始時刻までに博物館受付に集合してください。
 

無料送迎バスを運行します

企画展会期中の日曜日、祝日にJR五条駅北口と博物館との間で無料送迎バスを運行します。予定運行時刻は下記の通りです。

・JR五条駅北口発博物館行き 10時30分、12時30分、14時30分
・博物館発JR五条駅北口行き 12時、14時、16時

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財課
電話:0747-24-2011
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年04月26日